将棋コラム

【11月28日-12月4日の注目局】叡王戦決勝三番勝負が12月4日(日)にいよいよ開幕

【11月28日-12月4日の注目局】叡王戦決勝三番勝負が12月4日(日)にいよいよ開幕

更新: 2016年11月25日

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

日本将棋連盟モバイルの来週(2016年11月28日?12月4日)の中継予定と、その中での注目局をご紹介します。12月4日(日)佐藤天彦九段(名人)と千田翔太五段による叡王戦決勝三番勝負が開幕します。

来週の将棋連盟モバイル中継

11月28日(月) 朝日杯将棋オープン戦 二次予選 丸山忠久九段-三枚堂達也四段
朝日杯将棋オープン戦 二次予選 丸山九段か三枚堂四段-窪田義行七段
新人王戦 渡辺和史三段-西山朋佳三段
岡田美術館杯女流名人戦 女流名人リーグ 中井広恵女流六段-香川愛生女流三段
岡田美術館杯女流名人戦 女流名人リーグ 上田初美女流三段-伊藤沙恵女流二段
11月29日(火) 王位戦 予選 橋本崇載八段-澤田真吾六段
王座戦 一次予選 中田功七段-伊奈祐介六段
王座戦 一次予選 山本真也六段-宮本広志五段
11月30日(水) 王位戦 予選 阿部隆八段-中田功七段
棋王戦 挑戦者決定トーナメント 佐藤天彦名人か佐々木勇気五段-千田翔太五段
棋王戦 挑戦者決定トーナメント(敗者復活戦) 佐藤天彦名人か佐々木勇気五段-森内俊之九段
12月1日(木) 竜王戦 七番勝負第5局 渡辺明竜王-丸山忠久九段
朝日杯将棋オープン戦 二次予選 行方尚史八段-高崎一生六段
朝日杯将棋オープン戦 二次予選 行方八段か高崎六段-中村修九段か木村一基八段
12月2日(金) 竜王戦 七番勝負第5局 渡辺明竜王-丸山忠久九段
棋聖戦 二次予選 藤井猛九段-深浦康市九段
棋聖戦 二次予選 山崎隆之八段-村田顕弘五段
棋聖戦 二次予選 稲葉陽八段-菅井竜也七段
12月3日(土) 王座戦 一次予選 阿部光瑠六段-近藤誠也四段
12月4日(日) 叡王戦 決勝三番勝負第1局 佐藤天彦九段(名人)-千田翔太五段

すべての対局一覧

11月28日(月)- 岡田美術館杯女流名人戦 女流名人リーグ

中井vs香川 ・ 上田vs伊藤 女流名人リーグ最終日一斉対局

大混戦の女流名人リーグがいよいよ大詰め。最終局はこの日一斉に指される。挑戦の目を持つ上位5名の状況は以下の通り(カッコ内の数字はリーグ順位)。

【6勝2敗】上田(2)、香川(3)
【5勝3敗】室谷由紀女流二段(6)、中井(7)、伊藤(7)

すでに6勝を挙げている上田と香川が有利な立場だが、もしともに敗れると、5名が5勝3敗で並んで5者プレーオフにもつれこむ可能性もある。中井と香川の対戦成績は中井3勝、香川3勝。上田と伊藤は上田1勝、伊藤1勝。

11月29日(火)- 王座戦 一次予選 

中田vs伊奈 8月から5連勝中の伊奈が力を見せるか

cyuumoku1125_01.JPG
c名人戦棋譜速報

伊奈が8月から5連勝と、調子を上げてきている。2013年度に順位戦C級2組から降級してフリークラス転出を余儀なくされた伊奈だが、その後も王位戦で挑戦者決定リーグに入るなど随所で力を示しており、フリークラス脱出を期待させる存在といえる。本局の相手である中田功には過去11戦で9勝と相性がよく、ここはしっかり勝利してさらに波に乗りたいところだ。

11月30日(水)- 棋王戦 挑戦者決定トーナメント

佐藤天か佐々木勇vs千田 勝てば挑戦者決定戦進出

cyuumoku1125_02.jpg
c名人戦棋譜速報

この日は棋王戦挑戦者決定トーナメントの決勝が行われる。勝てば挑戦者決定戦進出が決まり、挑戦まであと1勝となる大きな一番だ。また、敗れたほうは敗者復活戦決勝に回り、仮にそこで勝って挑戦者決定戦に進出しても、挑戦するにはさらに2連勝が必要になる。対局者のひとりはすでに千田と決まっているが、もうひとりは25日(金)に指される準決勝の佐藤天-佐々木勇戦の結果次第。なお、佐々木勇と千田の対戦成績は佐々木勇4勝、千田2勝となっている。佐藤天と千田はまだ対戦がない。

12月1日(木)- 竜王戦 七番勝負第5局

渡辺明vs丸山 両者2勝ずつと並んだ状況でむかえる第5局

cyuumoku1125_03.jpg

竜王戦七番勝負は、両者2勝ずつと並んだ状況で第5局を迎える。対局の舞台は北海道函館市「HAKODATE 海峡の風」。先の第4局では丸山が後手一手損角換わりから迫力のある攻めを見せたが、丁寧に受け続けたあとで素早く反撃を決めた渡辺明が勝利した。本局は丸山が先手。戦型は互いに得意とする角換わりが本命だが、渡辺明が第3局での後手四間飛車穴熊のような変化球をまた見せるかもしれない。

12月2日(金)- 棋聖戦 二次予選

稲葉vs菅井 井上慶太九段門下の兄弟弟子対決

cyuumoku1125_04.jpg
c名人戦棋譜速報

稲葉-菅井戦は井上慶太九段門下の兄弟弟子対決。対戦成績は稲葉2勝、菅井3勝。過去5局の戦型は横歩取り2局、矢倉2局、居飛車力戦1局とすべて相居飛車だが、稲葉が正統派居飛車党であるのに対して菅井はどんな形も指すオールラウンダーのため、そろそろ居飛車対振り飛車の対抗形もあるか。なお、稲葉は棋聖戦初参加の第80期(2008年~2009年)に、一次予選から10連勝で挑戦者決定戦まで勝ち進んだ経験がある。

12月3日(土)- 王座戦 一次予選

阿部vs近藤 初手合いでは近藤誠が制しているが、今局はどうか。

cyuumoku1125_05.JPG
c名人戦棋譜速報

阿部光は才気あふれる指し回しが魅力のオールラウンダーで、相居飛車では横歩取りを得意としている。一方の近藤誠は鋭い攻めを武器とする居飛車党。矢倉と角換わりが主戦場だ。今年5月に指された初手合いでは、角換わり相早繰り銀の将棋を近藤誠が制している。

12月4日(日)- 叡王戦 決勝三番勝負第1局

佐藤天vs千田 第2期叡王戦決勝三番勝負いよいよ開幕

cyumoku1125_06.jpg
c名人戦棋譜速報

第2期叡王戦決勝三番勝負は、昇竜の勢いをまとった20代棋士同士の決戦となった。ともに段位別予選と本戦トーナメントを快勝の連続で勝ち上がっての三番勝負進出で、他棋戦を含めた今期勝率も8割に達している(11月24日現在)。いまのこの二人なら、シリーズを通して見る者の期待を裏切らない迫力あふれる熱戦を展開してくれるだろう。また、本局を含めた三番勝負の対局場は近日中に公開される予定で、そちらも楽しみだ。(睡蓮記者)

*写真は竜王戦中継ブログ名人戦棋譜速報より引用。

日本将棋連盟モバイル編集局

ライター日本将棋連盟モバイル編集局

将棋ファンのためのモバイルサービス「日本将棋連盟モバイル」を運営しています。棋譜観戦アプリ「将棋連盟ライブ中継」をダウンロードすると、プロの公式対局をリアルタイムで観戦したり、臨場感あふれる対局写真を楽しんだりすることができます。

このライターの記事一覧

将棋連盟ライブ中継

将棋連盟ライブ中継【日本将棋連盟公式】

日本将棋連盟公式ならではの充実コンテンツ盛りだくさん!
ほぼ毎日プロの将棋対局をリアルタイムにお届けします!!

ダウンロードはこちらから

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

こちらから将棋コラムの更新情報を受け取れます。

Twitterで受け取る
facebookで受け取る
RSSで受け取る
RSS

こんな記事も読まれています