日本将棋連盟

HOME > お知らせ・イベントTOP > お知らせ

リコーと日本将棋連盟が、女流将棋最高峰タイトル戦「リコー杯女流王座戦」を設立

更新: 2011年3月10日 15:00

記者会見の模様 株式会社リコー(東京都中央区 社長執行役員 近藤史朗、以下リコー)と社団法人日本将棋連盟(東京都渋谷区 会長 米長邦雄、以下将棋連盟)は、「リコー杯女流王座戦」を設立し、日本経済新聞社の特別協力の下、今年4月から開催します。

 女流将棋界には現在「マイナビ女子オープン」、「ユニバーサル杯女流名人位戦」、「女流王位戦」、「霧島酒造杯女流王将戦」、「大山名人杯倉敷藤花戦」の5つのタイトル戦があります。今回、女流将棋界のさらなる発展に寄与するため、新たに「リコー杯女流王座戦」を設立致しました。

リコー杯女流王座戦(本棋戦)には、3つの特徴があります。

  1. 女流棋界最高峰のタイトル戦
    優勝賞金は女流棋戦最高額の500万円*で、優勝者にはリコー杯女流王座の称号が授与されます。予選、本戦を勝ち抜いた2名の選手が戦うタイトル戦は五番勝負で行われます。初年度の第1期については第一局を東京、第二局は愛知、第三局を大阪の各都市で実施。タイトル戦とあわせて、各都市で将棋イベントを開催します。
    *優勝賞金は、マイナビ女子オープンと同額です。
  2. すべての女性に門戸を開くオープン大会
    出場する選手の対象をすべての女流棋士に加え、女性奨励会員、アマチュア*の女性にまで拡大。本棋戦の出場については女流棋士・女性奨励会員を含めて、将棋界初となるエントリー制による完全なオープン大会とします。
    *アマチュア選手は別途、予選会を実施して選抜します (8名程度) 。
  3. 将棋のグローバル化への貢献
    将棋界としてははじめて、出場選手に海外枠を設けました。 第1期については海外推薦枠による招待を実施します。第2期以降は、タイトル戦を海外で開催することを計画。将棋のグローバル化に貢献します。

 本棋戦を設立することで、女流将棋界の発展と将棋のさらなる普及を推進します。
 将棋には、勝利するために先を読む論理的思考力、現在の状況を客観的に判断する大局観、難解な局面を打開するための創造力が必要とされます。リコーは将棋の普及活動に貢献することで、新たな価値を創造し、信頼と魅力のグローバル企業としてのブランド価値向上を目指したいと考えています。

 本棋戦は、今年4月にアマチュア予選を開始し、5月からはエントリーした女流棋士・女性奨励会員を含めた予選を実施します。予選を勝ち抜いた16名の選手は6月から開催予定の本戦トーナメントに出場。10月からは勝ち残った2名によるタイトル戦(五番勝負)を開催します。2012年1月に就位式を行います。

 リコーではこれまで、文化・スポーツイベントへの主な協賛として「リコー杯プロ棋士ペア碁選手権」(1995年~2009年)、「LPGA[R-III/PC1]ツアーチャンピオンシップリコーカップ」(2001年~ )、「全英リコー女子オープン」(2007年~ )を冠協賛しています。リコーの企業ブランド価値向上とともに将棋を通じてお客様とのコミュニケーションを活性化するために、新たに文化系イベント施策の一環として「リコー杯女流王座戦」を設立、主催することといたしました。

記者会見の模様(米長会長) 記者会見の模様(株式会社リコー 松浦取締役専務執行役員) 
記者会見の模様(甲斐女王・女流王位) 記者会見の模様(矢内女流四段)
記者会見の模様

リコー杯女流王座戦の概要
棋戦名
リコー杯女流王座戦
主催
社団法人日本将棋連盟、株式会社リコー
特別協力
日本経済新聞社
「タイトル戦(五番勝負)」と、タイトル戦への出場を決める「挑戦者決定戦」の模様は本年10月以降、日本経済新聞に掲載されます。
賞金
優勝 500万円、準優勝 150万円
スケジュール
第一局 10月22日 東京 ホテルニューオータニ
第二局 11月3日 愛知 フォレスタヒルズ(豊田市)
第三局 11月19日 大阪 ザ・リッツ・カールトン大阪
第四局 12月 東西いずれかの将棋会館
第五局 12月 東西いずれかの将棋会館
就位式 2012年1月 東京 ホテルニューオータニ

本件に関するお問い合わせ先は、
社団法人日本将棋連盟 広報部 (電話03-3408-6260) 株式会社リコー 広報室 (電話03-6278-5228)

リコー杯女流王座戦の詳細
棋戦名
リコー杯女流王座戦
主催
社団法人日本将棋連盟、株式会社リコー
特別協力
日本経済新聞社
棋戦参加対象者
現役女流棋士・女性奨励会員、それ以外の全ての女性でアマチュア予選を勝ち抜いた者
賞金
優勝500万円、準優勝150万円
第1期棋戦システム概要
決勝五番勝負:持時間3時間
本戦トーナメント(16名):持時間3時間
第1期は2名シード タイトル保持者(甲斐・里見)
2次予選 プロ8名シード:持時間3時間(チェスクロック)
1次予選(プロ・アマ)一斉対局:持時間40分(チェスクロック)
開催時期
【五番勝負】
第1局 10月22日(土) 東京 「ホテルニューオータニ」
第2局 11月3日(木・祝) 愛知 「ホテルフォレスタ」
第3局 11月19日(土) 大阪「ザ・リッツ・カールトン大阪」
第4局 12月 東西いずれかの「将棋会館」
第5局 12月 東西いずれかの「将棋会館」
就位式 2012年1月 東京「ホテルニューオータニ」
【 挑戦者決定戦 】 9月21日(水)
【本戦トーナメント】 7月~9月上旬
【2次予選】 6月中
【1次予選】 一斉対局(プロ・アマ) 5月21日(土) けんぽプラザ(将棋会館隣)
【アマチュア予選】
東京:4月2日(土) 津田ホール「会議室」(千駄ヶ谷)
関西:4月17日(日)  関西将棋会館「多目的ホール」
リコー杯女流王座戦 アマ東・西日本予選大会 開催要項

※区別がないものは東西共通

主催
社団法人日本将棋連盟、株式会社リコー
特別協力
日本経済新聞社
期日・会場
【東/2011年4月2日(土)】【東/2011年4月30日(土)】に変更になりました
津田ホール1階「会議室」  東京都渋谷区千駄ヶ谷1-18-24
JR千駄ヶ谷駅前(駅前の信号を渡りすぐを右折)
【西/2011年4月17日(日)】
関西将棋会館4階「多目的ホール」 大阪市福島区福島6-3-11
JR環状線福島駅下車 徒歩2分
※いずれも午前9時30分受付 10時開始
参加費
無料(交通費・昼食は自己負担)
参加資格
現役女流プロ棋士、奨励会在籍の女性を除く女性
予選会の勝ち抜き者(東西で合計8名程度)は5月21日(土)に東京・千駄ヶ谷「けんぽプラザ」(将棋会館隣)で行われる本棋戦の一次予選に出場していただきます。(交通費・宿泊費は主催者負担)
大会方式
午前:2勝通過、2敗失格の予選
午後:決勝トーナメント
(いずれもチェスクロック使用15分・使い切ったら30秒の秒読み)
午前中の敗退者にはプロ棋士よる10面指し指導対局を抽選にて行います。
東/佐藤和俊五段、西/村田顕弘四段
定員
各64名
申し込み
事前受付
はがきかFAX、メールにて住所、電話、氏名、棋力、「リコー杯女流王座戦 アマ東or西日本予選大会 出場希望」とお書きの上、下記までお申し込みください。
東/ 〒151-8516 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-39-9 日本将棋連盟 リコー杯予選係
TEL 03-3408-6161 FAX 03-3404-7301
インターネットでのお申し込みも承っております。申し込みフォームに必要事項をご入力の上、送信して下さい。
  東日本大会用の申し込みフォームはこちら
携帯からは、下のQRコードを携帯カメラで読み取ってアクセスして下さい。
QRコード
西/ 〒553-0003 大阪市福島区福島6-3-11 日本将棋連盟関西本部 リコー杯予選係
TEL 06-6451-7272 FAX 06-6451-3626
メール:fukyu@kansai-shogi.com
※東西とも定員を超えた場合は抽選となります。
※西日本大会の敗者は東日本大会にもお申し込みいただけます。
締め切り
東/3月25日(金) 必着 4月20日(水)必着に変更になりました
西/4月8日(金) 必着
締め切り後、折り返しご連絡いたします。
問い合わせ
予選大会についてのお問い合わせは東西の日本将棋連盟リコー杯予選係(平日9:30~17:30)までお願いいたします。

backtotop このページのTOPに戻る

cont_end

公益社団法人 日本将棋連盟
このサイトの掲載されている記事・イラスト・写真・商標等の無断転載を禁じます。
Copyright(c) 2000 Japan Shogi Association , All rights reserved.