日本将棋連盟

HOME > お知らせ・イベントTOP > お知らせ > 式典・就位式・前夜祭

第36回「将棋の日」表彰・感謝の式典の模様

更新: 2010年11月17日 18:12

第36回「将棋の日」表彰・感謝の式典の模様

 11月17日、第36回「将棋の日」表彰・感謝の式典(東京)が東京・将棋会館で行われました。将棋の普及振興に功績を印された方へ感謝状が贈呈された後、棋士の表彰が行われました。また、指導員資格証書伝達式も行われ、棋道指導員に昇格された方々に資格証書が渡されました。
尚、関西での式典は11月18日、関西将棋会館で行われます。関西での模様はこちら

第36回将棋の日の模様01
写真:感謝状贈呈者 左から鬼木氏、萩坂氏、桂井氏

第36回将棋の日の模様02
写真:棋士表彰者

第36回将棋の日の模様03
写真:棋士昇段者

第36回将棋の日の模様04
写真:棋道指導員昇格者 左から上野氏、松井氏、高木氏

第36回将棋の日の模様05
写真:棋士を代表して森下九段の挨拶 「これからも棋道の精神を貫きたいと思います。」

感謝状贈呈者

東京
萩坂昭洋 様(いわき棋友会支部名誉支部長)
鬼木幸市 様(福岡筑紫野支部支部長)
桂井正志 様(埼桐代表) 
関西
松下綽宏 様(神戸ハーバーランド株式会社代表取締役社長)
山本泰博 様(スポーツニッポン新聞社総務・経理局長)
野﨑政治 様(滋賀県支部連合会会長)
大村欽一 様(愛知県支部連合会会長)
清水明 様(三重県支部連合会会長)
神田和徳 様(尾張一宮支部支部長)
三輪京司 様(有限会社三輪碁盤店代表取締役社長)
高木武彦 様(学校法人菊武学園学園長)

棋士関係

東京
将棋栄誉敢闘賞(800勝)
森下卓 九段
将棋栄誉賞(600勝)
土佐浩司 七段
昇段
日浦市郎 八段(4月16日付)
広瀬章人 七段(9月2日付)・六段(6月11日付)
宮田敦史 六段(9月3日付)
千葉幸生 六段(9月16日付)
佐々木勇気 四段(10月1日付)
甲斐智美 女流三段(4月19日付)
勤続40年
佐藤義則 八段
勤続25年
所司和晴 七段
中田宏樹 八段
安西勝一 六段
羽生善治 名人
高群佐知子 女流三段
斎田晴子 女流四段
米寿(88歳)
加藤博二 九段
喜寿(77歳)
剱持松二 八段
北村昌男 九段
関西
昇段
船江恒平 四段(10月1日付)
勤続25年
阿部 隆 八段
米寿(88歳)
西本 馨 七段

指導員昇格

東京
棋道指導員
荻原文博様、髙木秀彰様、松井さつき様、上野忍様
関西
棋道指導員
服部正信様、山中利夫様、熊谷春海様、黒田耕榮様、小林壯行様、柿本武男様、柳浦正明様

「将棋の日」について

 「将棋の日」とは、江戸時代、江戸城内で行われておりました年中行事の一つ、御城将棋に由来いたします。対局場は江戸城で公式行事に用いられていた御黒書院(おんくろしょいん)があてられ、将軍家の前で将棋御三家が対局を披露いたしました。
 享保元年に八代将軍徳川吉宗が、御城将棋の式日を毎年11月17日と定め、以後幕末まで続きました。 これにちなみまして、日本将棋連盟では、昭和50年より将棋の普及とファンとの交流を目的に11月17日を「将棋の日」と制定し、毎年、その近い日に表彰・感謝の式典を行っております。

式典・就位式・前夜祭 の最新ニュース

backtotop このページのTOPに戻る

cont_end

公益社団法人 日本将棋連盟
このサイトの掲載されている記事・イラスト・写真・商標等の無断転載を禁じます。
Copyright(c) 2000 Japan Shogi Association , All rights reserved.