日本将棋連盟

HOME > お知らせ・イベントTOP > イベント > イベントの予告・案内

コンピュータからの挑戦 特別対局「清水市代女流王将vs.あから2010」について

更新: 2010年8月23日 16:40

 この度、日本将棋連盟は社団法人情報処理学会からのコンピュータとの対局を求める挑戦状に対し、女流棋士会ファンクラブ「駒桜」主催で10月11日(月・祝)、東京大学にて清水市代女流王将が対局を行うこととなりました。 対局当日は東京大学内で大盤解説会を開催いたします。
(※8月23日リリース文より指導対局を削除しております。指導対局は開催しないこととなりました。ご了承下さい。)
 同時に、より多くの将棋ファンの皆様に対局を観戦していただけるように 「女流棋士会ファンクラブ駒桜ホームページ」(http://komazakura.shogi.or.jp/)、「日本将棋連盟モバイル」(http://i.jsamobile.jp/)でネット中継をいたします。

日時
平成22年10月11日(月・祝)開場12時 開始13時
対局者
清水市代女流王将 VS あから2010
平手一番勝負 振り駒
持時間 各3時間(チェスクロック使用)切れたら1分
場所
東京大学本郷キャンパス 工学部2号館(東京都文京区本郷7-3-1)
対局室
3F「電気系会議室2」(撮影時以外、入室不可)

大盤解説 1F「213大講義室」
(※8月23日リリース文より指導対局を削除しております。指導対局は開催しないこととなりました。ご了承下さい。)

※対局は公開対局ではございません。対局中は大盤解説会場で局面をご覧いただけます。

大盤解説
藤井 猛九段ほか、女流棋士多数
入場料
1,000円(駒桜会員は無料)
定員
500名(当日受付・先着順・全て自由席)
主催
女流棋士会ファンクラブ「駒桜」
共催
情報処理学会、東京大学大学院 情報理工学系研究科

対戦コンピュータあから2010とは

  • 情報処理学会の「トッププロ棋士に勝つ将棋プロジェクト」特製システム
  • 阿伽羅(あから)は10の224乗という数を表わし、将棋の局面の数がこの数に近いことに因んで命名された
  • ハードウエア部
    -東京大学クラスターマシン:
    Intel Xeon 2.80GHz, 4 cores  109台
    Intel Xeon 2.40GHz, 4 cores  60台
    合計 169台 676 cores
    -バックアップマシン:4プログラムそれぞれについて1台ずつ
    -CPU: Xeon W3680 3.33GHz 6cores
    -Memory: 24GB (DDR3 UMB ECC 4GBx6)
  • ソフトウエア部
    -構成:国内トップ4プログラムによる多数決合議法
    -合議マネージャー(4つのプレイヤープログラムに局面を渡し、指し手を受け取り、もっとも多い手を指し手として返す。)開発:電気通信大学伊藤毅志研究室&保木邦仁
    -プレイヤー1:「激指」開発:激指開発チーム(鶴岡慶雅、横山大作)
    -プレイヤー2:「GPS将棋」開発:チームGPS(田中哲朗、金子知適ほか)
    -プレイヤー3:「Bonanza」開発:保木邦仁
    -プレイヤー4:「YSS」開発:山下宏

駒桜のご入会はこちらから 駒桜新規ご入会

イベントの予告・案内 の最新ニュース

backtotop このページのTOPに戻る

cont_end

公益社団法人 日本将棋連盟
このサイトの掲載されている記事・イラスト・写真・商標等の無断転載を禁じます。
Copyright(c) 2000 Japan Shogi Association , All rights reserved.