将棋ニュース

新四段誕生のお知らせ

更新:2016年03月07日 11:30

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

3月5日(土)第58回奨励会三段リーグ戦(2015年10月~2016年3月)において12勝6敗で次点となった佐々木大地三段は、第55回奨励会三段リーグ(2014年4月~2014年9月)に続き2回目の次点獲得となり、規定によりフリークラス入りの資格を得てそれを行使しました。
これにより今回三段リーグは都成竜馬、井出隼平、佐々木大地の3人が四段昇段となります。四段昇段日は2016年4月1日付です。

佐々木 大地(ささき だいち) 棋士番号306

佐々木大地四段

生年月日
1995年5月30日 (20歳)
出身
長崎県対馬市
現住所
神奈川県横浜市
師匠
深浦康市九段
奨励会入会
2008年9月
三段リーグ入り
2013年10月(第54回奨励会三段リーグから)
得意戦法
横歩取り
将棋を始めたきっかけ
3歳のとき、父親に教わって
本人のコメント
「最終日、1局目負けて昇段に絡めないと思っていたので、フリークラスの権利が得られたことは望外な結果です。順位戦に参加できるように1局1局頑張っていきたいです。」

関連ニュース

一覧へ