将棋ニュース

視覚障害者将棋ファン向け「将棋倶楽部24」アプリを専用端末にて配信開始!

更新:2016年01月25日 13:30

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

視覚障害者将棋ファン向け、音声点字情報端末ブレイルセンスシリーズ用アプリ「将棋倶楽部24アクセス」が2015年12月24日にリリースされた。
これにより視覚障害者の将棋ファンも、将棋倶楽部24を通じて世界中の将棋ファンと対局を楽しむことができるようになった。
日本将棋連盟は、開発段階での技術提供や勝又六段によるアドバイスを通じて協力している。

「将棋倶楽部24アクセス」アプリは、石川准静岡県立大学国際関係学部教授・ 東京大学先端科学技術研究センター特任教授と有限会社エクストラが共同開発している。
アプリ詳細、対応機種、機能等は専用ページに詳しい。
SenseAPP「将棋倶楽部24アクセス」専用ページ
石川教授と勝又六段が出席したセミナー「楽しい支援技術 将棋と視覚障害」の様子

なお音声点字情報端末ブレイルセンスは、点字と音声で快適なモバイル環境を実現する高機能情報端末だ。
現在「ブレイルセンスU2」と「ブレイルセンスオンハンドU2ミニ」の2機種を販売している。
製品の詳細は以下のWebページを参照。

ブレイルセンスU2
http://www.extra.co.jp/sense/bsu2.html
ブレイルセンスオンハンドU2ミニ
http://www.extra.co.jp/sense/bso_u2mini.html

関連ニュース

一覧へ