将棋ニュース

増田康宏三段と黒沢怜生三段が四段に昇段

更新:2014年09月13日 19:25

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

  本日9月13日(土)に行われました第55回奨励会三段リーグ戦(2014年4月~9月)において、増田康宏三段と黒沢怜生三段が四段昇段を決めました。最終成績は、増田三段が13勝5敗、黒沢三段が13勝5敗です。四段昇段日は2014年10月1日付となります。
 なお、次点は13勝5敗で、佐々木大地三段です。

増田康宏(ますだやすひろ) 棋士番号297

増田康宏新四段

生年月日
1997年11月4日生まれ(16歳)
出身
東京都昭島市出身
師匠
森下 卓九段
奨励会入会
2008年9月
三段リーグ入り
2012年4月(第51回奨励会三段リーグより)
得意戦法
矢倉
将棋を始めたきっかけ
5歳の時、母が買ってきたボードゲームの中に将棋があったから。
本人のコメント
後半開き直って指したのがよかったです。手厚い棋風を見てほしいです。タイトルを取れるような棋士になりたいです。

黒沢怜生(くろさわれお) 棋士番号298

黒沢怜生新四段

生年月日
1992年3月7日生まれ(22歳)
出身
埼玉県熊谷市出身
師匠
高橋道雄九段
奨励会入会
2003年9月
三段リーグ入り
2010年10月(第48回奨励会三段リーグより)
得意戦法
振り飛車
将棋を始めたきっかけ
小学校1年生の時に通っていた児童館で教えてもらった。
本人のコメント
三段リーグの8期は長かったです。ファンの人には粘り強く指す所を見てほしいです。
活躍できる棋士になりたいです。

関連ニュース

一覧へ