将棋ニュース

永瀬拓矢・阿部健治郎 新四段誕生のお知らせ

更新:2009年08月21日 10:10

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

8月20日(木)、第45回奨励会三段リーグ戦(09年4月~09年9月)において、最終日を待たずして新四段が2名誕生いたしました。四段昇段日付は2009年10月1日付となります。

永瀬 拓矢(ながせ たくや) 

生年月日
1992年9月5日生まれ (16歳)
出身
神奈川県横浜市
師匠
安恵照剛八段
棋士番号
276
奨励会入会
2004年9月
三段リーグ入
2008年4月(第43回奨励会三段リーグより)
アマチュアの棋歴
2004年『松坂屋こども将棋大会高学年の部』優勝
得意戦法
三間飛車
将棋を始めたきっかけ
6歳のとき、祖父に教わって。
本人のコメント
「最終日前に上がれると思っていなかったのでびっくりしています。ライバルに勝って昇段できたのでうれしいです。大山十五世名人の様な棋士になれるよう日々努力したいです。」

阿部 健治郎(あべ けんじろう) 

生年月日
1989年2月25日生まれ (20歳)
出身
山形県酒田市
師匠
西村一義九段
棋士番号
277
奨励会入会
2002年9月
三段リーグ入
2005年10月(第38回奨励会三段リーグより)
アマチュアの棋歴
2001年「第22回全国中学生選抜将棋選手権大会」準優勝
得意戦法
居飛車
将棋を始めたきっかけ
5歳のとき、父と兄が指しているのを見て自然に覚えた。
本人のコメント
「ホッとしました。昇段できてよかったです。尊敬する棋士は、藤井猛九段・三浦弘行八段・中座真七段です。これからも強くなる様がんばります。」

関連ニュース

一覧へ