日本将棋連盟

HOME > 組織概要[創立・沿革]

組織概要

創立・沿革

将棋界は、江戸時代の約260年間、徳川幕府の庇護を受けて初代の大橋宗桂以来、 「家元制度」の元で三家(大橋家・大橋分家・伊藤家)より世襲の名人が出て、 伝統と歴史を積み重ねてまいりました。 しかし明治維新すなわち江戸幕府崩壊により家元制度は有名無実のものとなってしまいました。 こうして家元の三家は次々に後継者を失くし、明治26年、11世名人伊藤宗印を最後に家元制度は終焉を告げます。

後ろ盾を失った将棋界は受難期を迎えるわけです、 庶民の間に将棋は根強く生き残り、次第に再興に向けて動き出します。

1921年に13世名人を襲位した関根金次郎は1935年、 それまでの終生就位であった名人位を実カによる短期名人制へと移行する大英断を下しました。

1924年9月8日に東京の棋士が団結し、「東京将棋連盟」を結成。 名誉会長に関根金次郎、会長に土居市太郎が就任。

1927年、関西の棋士も合流し「日本将棋連盟」となり、 その後1936年に「将棋大成会」と改称しますが、戦後の1947年、 再び名称を「日本将棋連盟」として、会長に木村義雄が就任。

1949年7月29日、社団法人となり、 1999年には創立75周年を、2005年には創立81周年をむかえました。

2011年4月1日、公益社団法人となり、 2014年には創立90周年をむかえました。

戦後の歴代会長

谷川会長

日本将棋連盟会長
谷川浩司

  • 1947年12月〜48年3月木村義雄
  • 1948年3月〜53年5月渡辺東一
  • 1953年5月〜55年3月坂口允彦
  • 1955年3月〜57年3月萩原 淳
  • 1957年3月〜61年5月加藤治郎
  • 1961年5月〜67年5月原田泰夫
  • 1967年5月〜69年5月坂口允彦
  • 1969年5月〜73年5月丸田祐三
  • 1973年5月〜74年7月加藤治郎
  • 1974年7月〜76年12月塚田正夫
  • 1976年12月〜89年5月大山康晴
  • 1989年5月〜2003年5月二上達也
  • 2003年5月〜2005年5月中原 誠
  • 2005年5月〜2012年12月米長邦雄
  • 2012年12月〜谷川浩司

backtotopこのページのTOPに戻る

cont_end

公益社団法人 日本将棋連盟
このサイトの掲載されている記事・イラスト・写真・商標等の無断転載を禁じます。
Copyright(c) 2000 Japan Shogi Association , All rights reserved.